買取業界ってどうなっているの?

どんな仕組みなの?

通常の買取店だと、ユーザーが店舗まで売却したい物を持っていきます。そこで査定をするのですが、出張の場合はこれらが不要で申込みをすればユーザーは自宅で待つだけでよいのです。
特に家具家電は重量があるもの、または持ち運びの難しい物が多いのでこのサービスが展開されてから多くの方から支持されてきました。ちなみに出張買取をした後は、通常通り店舗に転じするケースもありますがリサイクルショップがオンラインストアを設けているケースもあります。その場合は、ネットに写真をアップし製品として販売してくれます。
出張買取は従来のサービスと大きく変わる点はあまりないですが、これから利用する方はおおよそで構いませんので、仕組みを理解しておくと良いですね。

申込みから出張までの流れ

実際に出張買取を申込みする際には、何から始めた方が良いのでしょうか?まずネットから申込みを行います。その際に売却したい家具家電の詳細をヒアリングされるケースが多いので、出来る限り応えられる様にある程度調べておくとよいですね。例えば型番や購入年月日、保証の有無が分かるとスムーズですし、場合によっては高額買取をしてくれるケースもあります。申込みが完了したら担当者から、希望日と売却に関しての連絡があります。双方が納得すれば後は出張当日を待つだけです。
担当者は基本的に1~2名ですので、自宅があまり広くないという場合でも問題ありません。査定結果を確認して、問題がなければ取引は完了です。査定額は現金での受け渡しがほとんどですが、場合によって銀行振込も可能です。


▲先頭へ戻る